洗剤を正しく選ぶために!

部活での泥汚れユニフォームを真っ白に劇的変化させる洗剤

洗剤によるアレルギーの増加

洗剤は台所で使うものから衣服を洗うものまで、いろいろな使用目的で使われています。
以前はそれほど問題にならなかったのですが、最近は使用後にアレルギーの症状を訴える消費者の報告が増えてきました。
洗剤のアレルギーというと皮膚疾患を思い浮かべがちですが、他にも頭痛や吐き気、だるさなどを引きおこすケースもあるようです。
特定の商品を使用するようになってから症状が出始めた場合は、すみやかにその商品の使用を中止するなどの対処が必要です。
アレルギーが出る条件については、皮膚に直接触れるだけでなくその香りを吸い込んだだけでおこる場合もあります。
この病気の症状の原因物質についての明確な特定はされていませんが、合成洗剤によって出るものという認識はされています。
症状が軽いからといって無理に使い続ける事によって、さらに強い症状を発症する場合も考えられます。
この病気を簡単には考えず、場合によっては命も危険にさらされる可能性もある症状だという事を理解しておくべきでしょう。

洗剤が原因で引き起こすアレルギーとは

皆さんは洗剤アレルギーをご存知でしょうか。
ある特定の洗剤を使用し、それが原因で引き起こすアレルギーのことです。
アトピー性皮膚炎の原因はダニかと思われがちですが、ほとんどは合成洗剤が原因と言われています。
その症状は人により異なりますが、頭痛、吐き気、嘔吐などの内科的なもの、赤みや湿疹などの皮膚的症状があります。
特徴としては、最近よく目にする香りのする柔軟剤などが原因にもなります。
そのような症状が出た場合には、無添加・無香料の低刺激なものに変える必要があります。
他にも粉石鹸がおすすめです。
ただしメーカーにより成分は異なりますので、きちんとパッケージで成分の確認をしましょう。
それでも改善されない時には治療が必要になり症状により異なりますが、内科的や消化器系的の場合は内科に、痒みや湿疹などの場合は皮膚科に行ききちんと専門医の診断を受けましょう。
できればアレルギー科の専門医に相談するのがいいと思います。

『洗剤 アレルギー』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hf18xk5m/public_html/klimt-movie.com/arerugi.html on line 69

おすすめWEBサイト 5選

浅草 人力車
http://www.jinrikisha-matukaze.com/

最終更新日:2016/6/9


PAGE TOP

COPYRIGHT 2015 クリーンアップ ALL RIGHT RESERVED