オナ電ってなに?離れていても楽しめるテレフォンセックス

〝オナ電″とはオナニー電話の略語で、実際に会ってSEXをするのではなく、電話でSEXをしている感覚を味わうことができるというものです。
自宅自体はそれほど離れてはいないけれど時々しか会えないカップルや、遠距離恋愛で年に数回しか会えないようなカップルでも楽しむことができます。
また、彼女や奧さんの居ない独身男性でも会員登録制、有料制のチャット等で楽しむこともできます。
では、離れていても楽しめるオナ電をご紹介します。

オナ電のメリットとデメリット

離れていても電話でSEXをしている感覚を味わうことはできますが、実際は生身の女性とSEXをしているわけではないのでオナ電にはメリットとデメリットが存在します。

メリット

オナ電のメリットは「1人で居るのに生身の女性とSEXをしている感覚を味わえる事」「いつでも気持ちよくなることができる事」が1番のメリットとも言えます。
その理由としては彼女が居る男性はもちろん、独身で彼女の居ない男性でもいつでも生身の女性とSEXをしている感覚を味わいながら気持ちよくなることができるのです。
毎日気持ちいいことをしたいのであればオナ電でいつでもSEXを味わうことができます。

デメリット

オナ電のデメリットは「終わった後の寂しさ」が1番のデメリットです。
その理由としてはオナ電をしている最中は実際にSEXをしているような感覚なのですが、オナ電が終わり冷静になると「なんだか寂しい」という気持ちになり、孤独を感じてしまいやすくなるのです。

オナ電ってどんなことするの?

実際に生身の女性とSEXをするとなるとその場の雰囲気や、女性の体に触れることでSEXが始まったり、お互いに気持ちよくなったりして盛り上がってきますが、オナ電の場合生身の女性に触れることはできないので〝声″がかなり重要になってきます。

男性は〝攻め″に向いている

「女性に攻められたい」と思うMな男性も少なくないと思いますが、オナ電では受け身より〝攻め″の方が男性は向いています。
その理由としては女性が攻めになってしまうと男性側ばかりが気持ちよくなってしまうことで女性はオナ電を楽しむことができないのです。
ですが男性が攻めになることで女性は気持ちよくなることができ、女性が気持ちよくなっている声を聞いて男性も気持ちよくなることができ、お互いに満足のいくオナ電をすることができます。
「優しく触ってみて」「感じてる?」などと言葉の攻めをして女性に指示すると盛り上がりやすくなります。

本当のSEXのような雰囲気を出す

息遣いや声で本当にSEXをしているような雰囲気を出すことで男性側も女性側も楽しむことができます。
オナ電は自分で行為をしながら気持ちよくなるものなのでただ自分の行為に気持ちよくなっているのではオナ電をする意味がありません。
お互いの性欲を満たすためのオナ電でもあるので恥ずかしがらずに息遣いや声で雰囲気を作ると良いです。
男性であれば今にでも射精してしまいそうな位気持ちよくなってしまった時は「〇〇ちゃんに出しても良い?」などと言ってオナ電をするとより楽しむことができます。

まとめ:どんな男性でも楽しめるのがオナ電

彼女が居る方、奥さんの居る方にはオススメはしませんが会員制、有料制のチャット等で女性とオナ電することができます。
もちろん女性に直接会ってSEXをするわけではないの彼女や奧さんとでSEXレスであったり、上手くいっていない時はオナ電をして性欲を満たすのも有りだと思います。
また、独身で彼女の居ない方であれば彼女が居ないのに自由に生身の女性とオナ電することができ、自分の性欲を満たすこともできます。
反対にSEXをすることにトラウマがあったり、女性が苦手で交際したことがないという男性でもオナ電であれば無理することなく楽しむことができるでしょう。